入院生活に足りないもの

2018.07.13.Fri.00:05
私は病院が大嫌いで、入院だけは
絶対にしたくないと思っていました。
でも今回、出産で初めて入院をしてみると、
妊婦さんは病気ではないので
行動も食事もある程度自由だったし、
助産師さんに育児の相談がいつでもできる。
上げ膳据え膳も悪くなく、想像より遥かに快適に過ごしました。

でも、一つ大きな欠点が…

犬が足りない、犬が~‼‼‼‼‼

7日も病院で過ごしていたら犬欠乏症で
別の病気を発症しそうでしたよ。

とーちゃんと二人だけで赤ちゃんの世話をする
不安とかもあるけれど、やっぱり家で
太郎をスンスンしながらゴロゴロできるのは最高です。
CIMG3364_9-800x600.jpg
たとえ、愛犬がどんなに不細工顔であっても…


***本日の姫***
おっぱいを飲んでいるときに、手で私のたるんだお腹のお肉を
むぎゅむぎゅともんでいるのが可愛い。
ただし、赤ちゃんだといっても小さい指で
肉を摘ままれると結構痛い。

**************
2018年の抱負: 何事も楽しむ by花

カメラを向けると、だいたい不細工な顔で寝ていますが、
たまに、可愛い寝顔で寝ていることもある太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
**************


楽天でのお買い物はコチラ↓↓

アフェリエイトで得られたポイント分を
すべて被災動物支援に使わせていただきます。
(2018年度も継続中)


子供と接することがなかった生活を送っていた私。
この本に書かれている産前の子育てのイメージは
ほぼ私の子育てイメージと同じ。
きっと、この本に書かれている
産後の子育ての現実は、自分の未来予想図なのだろう。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示