FC2ブログ

イヌの愛に対する責任

2017.09.25.Mon.00:05
太郎は、人生すべてを私に捧げている。

私と一緒に起き、
私が行くところに付き合い、
私に寄り添い、
私と同じ時間にお布団に入る。

昼寝はしっかりしていて、
ずっと起きているわけではないけれど、
私が起きている間は常に私の行動を注視している。

私がトイレに行けば、ついて来て、
お風呂に入れば、出待ちをし、
台所に立っていればおこぼれを待つ。

たとえ、お留守番している時間であっても、
それは太郎の自由な時間ではなく、
「待っている」時間。

私に与えられたものを食べ、
私にされるままに着飾り、
私が決めたことに従う。

自分の人生全部を誰かにこんなにコントロール
されて生きるなんてことは人間には不可能だ。
犬の人生は全て飼い主にゆだねられている。

この愛に、応えていくことが犬を飼うという事だろう。
この愛に、私は応えられているのだろうか。
CIMG4279_8 (800x600)

ワンコを飼うってすごい責任重大なのです。

9月20日から26日は、動物愛護週間です。
愛犬に目を向けると同時に、
飼い主のいない動物達にも少しだけ目を向けてくれると幸いです。


**************
2017年の抱負: 実行 by花

現在、10月2日笠間工芸の丘で予定されている
啓蒙活動のチラシ200部を準備中の花さんと、

ストーカーでもマザコンでもいい、
花さんへの愛が止まらない太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************


楽天でのお買い物はコチラ↓↓

アフェリエイトで得られたポイント分を
すべて被災動物支援に使わせていただきます。
(2017年も継続中)
スポンサーサイト



コメント

管理者のみに表示