ようやく病院へ

2017.06.13.Tue.00:05
太郎の体に、いっぺんにいろいろ症状が出ていて、
何がどうなっているのかわからない。
てんかんの発作の時に頭でもぶつけて。
脳内でじわじわと出血でもしているのか
そもそも、発作の原因は癲癇ではなかったのか。
このまま寝たきりになってしまうのだろうか…

不安ばかりが広がっていく2日間
でも最終日になり一つだけわかった。
どうも、右前足を痛がっている。

とーちゃんの家族を見送り、
その足で那須から東京の病院に直行。
CIMG3007_8 (800x600)
血液検査とレントゲンを撮った結果、
炎症を示すCRP値が振り切れるほど高い
背骨、頸椎を含め骨には異常がない

症状としては右前足を伸ばすと痛い。

結局わかったのは、私がわかったところまで。
それ以上には進めない。

整形外科系の病気なのか…
神経系の病気なのか…
自己免疫系の病気なのか…

とにかく、右足が痛いのは事実なので、
痛みを取る治療を始める。
補液120㏄、鎮痛消炎剤を注射
鎮静消炎剤 Onsior 7日分処方

そして、この夜、ケロケロマン。
一度だけだったので、注射薬が体質に合わなかった?
CIMG3008_8 (800x600)
とにもかくにも、家に帰ったのでぐっすり寝てもらう。
2泊3日、連れまわしてしまってごめんね。


**************
2017年の抱負: 実行 by花

那須はお散歩コースがたくさんあり結構好きですが、
2泊3日いて、何一つ観光をしなかった花さんと太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************


楽天でのお買い物はコチラ↓↓
アフェリエイトで得られたポイント分を
すべて被災動物支援に使わせていただきます。
(2017年も継続中)


三十路おひとりさまの漫画家が、初めて犬を飼い、
別れまでの犬と暮らしをつづったお話
小さいころから、生き物の飼育は失敗してばかり、
犬なんて飼うなよと思いながら読んだが、
犬が、生き物を飼う素晴らしさを伝え、
立派な飼い主へと成長させている。
最後は涙なしでは読めないよ…
いい言葉もいっぱい。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示