お誕生日前日

2017.06.09.Fri.00:05
2017年5月23日、お誕生日の前の日
すっかり忘れていた癲癇の発作が起こりました。
朝の目覚ましの音で飛び起きたのと同時。
発作の時間は1分~1分半、最大でも2分

発作の時に、眼をぶつけたようで白目が充血
CIMG2851_8 (800x600)
先生の診断では、内出血で傷はないという事で、一安心。

数日後…
CIMG2890_8 (800x600)
血液は吸収されました。

この日は、太郎を置いて昼から都内まで出て、
美容院で髪を切り、染めて、
デパートで夏物のサンダルは服を見て…
なんて楽しい予定を考えていたのですが、
すべてキャンセル。

発作が朝イチだったので、たまりにたまったチッコが漏れ出て、
私も太郎もチッコまみれ。病気とはいえ、お漏らシーズー本領発揮。
シャンプーと洗濯に明け暮れました

CIMG2856_8 (800x600)
脱・お漏らシーズー

この日は、置いていかれたくないという
強い意志だと受け取ったのですが…
この後、さらに状況は悪化していくのです。


**************
2017年の抱負: 実行 by花

早く、元気になってねの太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************


楽天でのお買い物はコチラ↓↓
アフェリエイトで得られたポイント分を
すべて被災動物支援に使わせていただきます。
(2017年も継続中)


直木賞を受賞した作品
何の変哲もない平凡な生活を送る主人公。
その傍らには、常に犬がいた。
昭和から平成にかけての時代の流れを
静かに語られている小説。
今の日本の中にこそ必要な生き方が描かれている。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« 寝顔 | HOME | 虹の橋の攻防 »