再々々…、おやつが喉に引っかかる

2017.02.08.Wed.00:05
2月1日、深夜1時、今回はこの鹿肉サラミ
CIMG9993_7 (800x600)

堅そうにみえますが、ほぐしたお肉を
まとめただけのしっとり柔らかいサラミ。
柔らかいから大丈夫と半分のサイズであげました。

でも、柔らかかろうがなんだろうが、
引っかかるものは、引っかかる。

呼吸はできている。
食道の途中で引っかかっているようだから、
嚥下運動をさせて、胃に落ちてくれれば大丈夫なはず。
30分ほど痛いとヒンヒン鳴いておりましたが、
なんとか胃に落とすことができ、落ち着きを取り戻す。
CIMG9942_7 (800x600)
夜中に獣医さんのお世話にはならずに済みました。

太郎は、小さい頃に何度も丸飲みによる失敗を繰り返している。
一番の事故は、スペアリブの骨、
その他にも豚耳、砂肝、馬アキレス、ガム…

そのたびに深夜救急にお世話になったりと
病院に駆け込んでいたものですが、
飼い主もかなり成長しております。

食道を傷つけていて、炎症を起こしても嫌なので、
念のため、次の日の仕事終わりに病院に行きましけどね。
CIMG9943_7 (800x600)
なぜ、またここに…

食道の粘膜を保護するお薬をもらってきました。
CIMG9945_7 (800x600)
人間用と同じスクラルファート。


**************
2017年の抱負: 実行 by花

喉に詰まらせた柔らかいオヤツを見て、
苦笑いをこらえていた病院スタッフの皆様と、

今度からは、どんなおやつも、食べたか
わからないぐらい小さく切ってあげようと思う花さんと、

堅いオヤツは禁止だし、全ての食べ物を
小さくしてあげているにも関わらず、
それでも喉におやつを詰まらせる
全く成長しない太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************


↓↓こちらにもお役立ち情報満載↓↓





楽天でのお買い物はコチラ↓↓

アフェリエイトで得られたポイント分を
すべて被災動物支援に使わせていただきます。
(決算は毎年3月にさせていただきます)



これなんですが、買ってみればわかる。
全く危険がない柔らかジャーキーだから!!
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示