FC2ブログ

私にできること

2010.08.28.Sat.00:15
私は、にほんブログ村のランキングに参加しています。
何犬ですか?と聞かれる太郎だが、正真正銘シーズー
であるからして、カテゴリーはシーズー。

シーズーのランキングに参加している面々を見て思うのだが、
保護団体が保護したワンコの里親さんがとても多い。

実は、とても気になっている。
他の犬種では、こんなには目立たないからだ。
それだけ、シーズーは育児放棄される
ワンコが多いのだろうか。
なぜ?
ブリーダー管理の問題もあるのか?
(遺伝的に残してはいけないワンコを売っているなど)

確かに、シーズーは皮膚、眼、心臓の病気にかかりやすい。
トリミングなどの手入れも必要だし、活発ではなく、
走ることも少ないので、楽しみも少ないのかもしれない。
人間犬離れしているところも多々ある。

でも、シーズーは、おとなしいし、吠えないので、
たとえ家が狭くても、飼いやすい犬だと思う。
毛も抜けにくく、サマーカットしていれば、手入れも簡単。
何より、表情が豊かで、人を思いやる心を持っている。
お子様からお年寄りまで、どんな人とも、
かなり上手くやっていけるタイプの犬だと思う。

そして、シーズーだけが病気になりやすいわけではない。
犬種によって、弱いところがそれぞれあるのだ。
それに、歳を経て病気がちになるのはどの犬種だって同じだ。
シーズーに限ったことではない。

シーズーの悪い部分だけを見るのではなく、良い部分もみて、
少しでも育児放棄されるワンコが減るといいな。
多くの方に、シーズーを好きになってもらえるといいな。

保護犬の現状を知らない私が出来ることは、極僅かだが、
太郎のブログを通して、シーズーのかわいさと
犬を飼うということ(=幸せと責任)について、
少しでも多くの方に、伝えられたらいいなと
思い始めた花さんでした。

CIMG2647_convert_20100823015333.jpg
ボク、頑張るです。賢いところみせるです。

それは、無理。


**************
いつもたくさんの応援、コメント、メッセージ
本当に、ありがとうございます。
最近、迷惑コメントが入るようになりましたので、
申し訳ありませんが、コメントは承認制にいたします。
今後も、よろしくお願いいたします。

アホだからこそかわいい太郎に
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************

スポンサーサイト



コメント
ええーー
そうなんですか?
ビックリ!
シーズーって、一緒に生活しやすいワンコだとおもうけどなv-10
あまり吠えないし、毛は伸びるけど抜けないしv-237
初心者の私も、お友達から聞いてシーズーにしました。
確かに病気は心配ですが、どのワンコにも、思うことだと思います。
太郎くん、シーズーのかわいさアピールしてねv-238
ホントにシーズーは捨てられる子が多いですね。あと、最近はダックスも多いようで・・・
しかも、すごく酷い姿で動物愛護センター(保健所)に収容されているようです。
うちは、シーズーミックスですし、ほたるもシーズーで、とにかくシーズーが大好きです。
だから、愛護団体さんの所で毛がフェルト状になって目もどこかわからないような子を見るたびに、悲しくて・・・(でも救い出してもらった子は、強運です)
確かに、シーズーは、トリミングは必須だし、皮膚が弱かったり、目も傷つきやすかったりで・・・お金はかかりますよね。売る時にも、そういったリスクの説明も絶対必要ですね。そりゃ、子犬は無条件にカワイイですから。でも、すぐ大きくなりますからね。。

迷子になって犬を、必死に探す人もいれば、いらないから、等々で、すぐに捨てる人もいる。
なんていうか、捨てる人には、犬が保健所で殺処分されるのは、安楽死では無いことを知ってもらいたい・・と思います。

あつくなってしまって、すみません。
私も、いつ里ブログにはろうかな・・・

我が家はちゃみさんで3ワン目ですが
シーズはちゃみさんが初めてで・・・
すごく心配になる程世話しやすい子だと思います!
多少我侭な所(ちゃみさんだけだと思うけど)
ありますが~(汗)

シーズの保護団体なる物があるのも知りました。
こんなに、大人しく愛嬌のある子達が
何故保護されることになったのか?

シーズって決して活発ではないけれど~
それ以上の可愛さがあると思うんです!
だから、太郎さん頑張ってシーズの可愛さ
そして性格を沢山の人に知ってもらいましょう~♪

ワンコにだって、十犬十色あるんですo(`ω´*)o!!!!
rukaさん
私にも、シーズーの現状がわからないのです。
でも、里親さんがたくさんいるのは確かです。

一時期、シーズーがものすごく人気があったときがあるのですが(ちょっと前のチワワのように)、そういう影響が今頃出ているのですかね・・・。
こめあんさん
やっぱり多いのですか。
一時的に、爆発的な人気を博した犬種は、こういった問題が起こりやすいのでしょうかね。

シーズーのミックスってとても多いと思います。それだけ、買いやすいってことだと思うのですがね・・・。
私も、1/4世紀シーズーと暮らしています・・・。
(あら、私永遠の18歳なのに・・・計算が合いません。)
chamuさん
そうですね。なぜ、保護犬が増える状況になったのか、原因を知ることは重要ですね。
それを知ることで、これからの対策も出来るし、他の犬種で同じようなことが起こらないようにすることも出来ますものね。

もうすこし、勉強してみようかしら・・・。

管理者のみに表示
« 足長効果 | HOME | 水分補給 »