気持ちを読む

2016.09.05.Mon.00:05
私は、犬を信じている
必ず何かのシグナルを送っていて、人間がそのシグナルを
きちんと受け止めることができれば、わかりあえると。

とはいえ、保護したイヌの気持ちを読み取るのが本当に難しい。
太郎のような飼い犬は、話を聞いてもらいたくて、
とにかく必死にしゃべり続けるので、わかりやすい。
CIMG3795_7 (800x600)
あ~そ~ぼぅ。
(これなら、イヌを飼ったことがない人でもわかる。)

保護犬は違う。

何が怖いか

何をしてほしくないのか

何をしたら嬉しいのか

イヌの方から伝えてきてくれるまでが大変。
ほとんどは、会話などしたくないと拒否される。
人間が怖いと言われ、即、会話打ち切り。

人間の行動に対して、どんな反応を示すのかも
私の想像を超えていることが多い。

言葉が通じ合えれば…と思うこともあるけれど、
きっと言葉が通じ合っても解決しないのだろう。
同じ言葉を話す人間でも全く別の自分が
想像もできない様な境遇で生きてきた人の気持ちを
本当に理解し共有できないとの同じ。

日々、悪戦苦闘です。
ただ、本当に一瞬でも“ちょっとぐらいいいか”と、
心を開いてくれた瞬間に遭遇すると、
“もしかして、私にだけは心を許してくれるの?!”と
勘違い炸裂で、もうメロメロです。

CIMG3797_7 (800x600)
浮気だ…絶対に浮気してるです。
そういう顔は、おやめなさい。
見た目も、心も不細工よ。



**************
2016年の抱負: さらなる挑戦とやり抜く by花

昨日はペットショップにいたシーズーのパピーに
心を打ち抜かれた花さんと、

ボランティアの日がどうもばれているようで、
ボランティアの日は朝から不機嫌太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************


↓↓こちらにもお役立ち情報満載↓↓




楽天でのお買い物はコチラ↓↓

アフェリエイトで得られたポイント分を
すべて被災動物支援に使わせていただきます。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示