またまた、花さんの病気が発症。

2016.08.05.Fri.00:05
北海道で迷子になったシーズーちゃんを探しています。
どんな些細な情報でも構いません、ご協力お願いいたします。
http://hana500.blog109.fc2.com/blog-entry-2388.html
****


皮膚診断の数日前
後ろ足に直径2センチぐらいの丸いしこりの存在にに気が付く。

大きさは違うが、左右対称にあり、左の方が大きい。
位置的にリンパ節が腫れていると思われた。
でも、日常的に大きかったのに気が付かなかったのか、
急激に大きくなったのかわからない。

リンパが腫れるような原因のも見つからず、
最初に浮かんだ病名が「リンパ腫」
5歳ぐらいから10歳ぐらいまでのワンコに多く発症。
痛みを伴わないリンパ説の腫れ…ビンゴ!!
発熱、おう吐、下痢…はないけど…ちょっと吐いたし…
リンパ腫だったら、余命○ヶ月とかいう病気だ。

これからの太郎との人生を考えながらもやもやした
数日をすごし、皮膚の診察の日に一緒に診てもらう。

結果
ちょっと大きいけど、正常の範囲内
皮膚が悪いワンコではよくあること。

リンパ腫は、全身のリンパが腫れ、しこりはもっと大きい。
心配なら細胞診をすればリンパ腫か否かすぐにわかるが
必要ないと思いますよ。

だそうです(-_-;)

CIMG5850_7 (800x600)
病歴を書きだしたときに、ささやかなことに
反応しすぎだと気が付いたばかりだったのに、
またやってしまったですね。

心配性症っていう悪い病気に侵されているの…(TωT)。

あ、でも土曜日夕方に予約していた診察を
急を要するからと金曜日の午前中に変更しなかった
ところは、自分で自分を褒めてあげたい。
(変更していたら、完全に恥をかくところでした)

そうそう、数年前から太郎の左足にある大きなイボ
CIMG4398_7 (800x600)
たまに出血をするのですが、これは局部麻酔で
切除することが可能だそうです。
ここからの出血がリンパを腫らしているかもしれない。
あまりに流血が続くようならとってしまおうか悩み中。


**************
2016年の抱負: さらなる挑戦とやり抜く by花

心配症って、国の難病に認定されるべき
遺伝病だと思う花さんと、

花さん以上に重度の心配症を患っている父と、

健康なのに、病院通いが止まらない太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************


↓↓こちらにもお役立ち情報満載↓↓




楽天でのお買い物はコチラ↓↓

アフェリエイトで得られたポイント分を
すべて被災動物支援に使わせていただきます。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示