肌診断

2016.08.04.Thu.00:05
北海道で迷子になったシーズーちゃんを探しています。
どんな些細な情報でも構いません、ご協力お願いいたします。
http://hana500.blog109.fc2.com/blog-entry-2388.html
****


去年から、皮膚の調子が徐々に悪くなり、
脚などはフケの層が厚く、皺が深く入り、
象の様な皮膚になっている太郎

先日、ケロケロマンの時にお世話になった先生
皮膚科の専門ということで、ケロケロが落ち着いた
7月23日に、皮膚の相談にいってきました。

専門医との問診のため、太郎の我が家から来た時からの
アレルギー経歴、皮膚の状態、病歴をまとめました。
いざ、まとめて客観的にみると母に指摘されるように
ささやかなことで病院に行きすぎているかもしれないと
反省はしつつ、皮膚が今に至る原因も見えてきて、
自分の頭を整理するにはとてもよかった。

病歴等、最新のアニマル診断の結果をみせ、
皮膚のパッチテストとその他の問診で約1時間。

先生の意見は以下の通り
①食物アレルギーの方は、長い間の試行錯誤もあり
非常に良くコントロールできているので、
ヘタに変化させない方がよく現状維持。

②太郎がずっと使っているステロイド含有の塗り薬
「ドルバロン」も現在の1年1本の使用量であれば
ステロイドの影響もほとんどないので現状維持。

③4月に受けた健康診断の結果にも異常なし

④手、足、脇にはマラセチア菌が多く繁殖、
首にはブドウ球菌もいるので、これは除菌する必要あり

⑤不要な角質と一緒に、はがれる必要がない
未成熟な角質まではがれている。酷いところでは、
角質層の下の層の細胞まではがれている。
これは、皮膚バリアが壊れている証拠で、修復の必要あり。

ということで、ほぼ花さんの見立て通りの結果でした。

まずは週に1~2回のマラセブシャンプーで
マラセチア菌の繁殖を防ぎ、そのことで皮膚の状態が
どう変わるか観察します。
ついでに、皮膚を守るための保湿剤と
角質を除去するクレンジングを併用。

除菌完了後も皮膚の状態が治らないようであれば、
内服薬を使うなど、次の対策を考えるそうです。
何とか、ボロボロの皮膚だけでも
修復でき、痒みが減るといいのですが…

CIMG5852_7 (800x600)
ボクはシャンプーの時間は長くなるし、
回数は増えるし、最悪でっす。

トリミング直前のモフモフ時期にシャンプーの回数が増え
大変なのは花さんも同じです。


皮膚疾患だけは、完全に治る病気ではないので、
上手に付き合っていくしかないですね。
これから、長い戦いになりそうです。


**************
2016年の抱負: さらなる挑戦とやり抜く by花

病歴を時系列でまとめるのは、とってもお勧めの花さんと、

やっぱり、まだ新しい先生には馴れない太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************


↓↓こちらにもお役立ち情報満載↓↓




楽天でのお買い物はコチラ↓↓

アフェリエイトで得られたポイント分を
すべて被災動物支援に使わせていただきます。
スポンサーサイト
コメント
すごいです
こんにちは
花さんはすごいですね、きちんと太郎ちゃんの状態を把握し、先生のお話を理解し、治療や生活をしている。
本当に学ばないといけないです。
私はこんたに何かあると、オロオロしてしまい、病院に連れて行っても先生のお話が難しかったりで全てを理解できていないと思います。
こんたも今、皮膚に悩んでいます。
先生に相談しないとと思いますが、きちんとできるかと…落ち込みます。
見習いたいと思います。

管理者のみに表示