食スト

2016.07.15.Fri.00:05
6月頃からご飯の食いつきが悪くなっていた太郎
なかなか、自分からは食べず、あ~んで食べさせていた。
CIMG1809_7 (800x600)

7月に入ってから、完全なストライキ状態。
あ~んでも、食べたがらない。
ウエットは完全拒否、カリカリは気分によって。
粉にしたら一日目は食べたが、二日目から拒否。
お肉類やオヤツなら、とりあえず食べる。
お肉を混ぜたドックフードなど半分ぐらいは渋々食べる。

どうやったら食べるだろうと、トッピングを工夫し、
種類を変え、ご飯の回数を増やし、あ~んで食べさせ、
試行錯誤してはいるものの、それでも、
必要量の7-8割ぐらいしか食べていない。

体重が落ちていないのが救いではあるが、
食べることが大好きな太郎が食べないと心配。

身体的な原因はなさそうに見えるが、
見つけられていないだけなのか、
だんだんと、シニア食に切り替える時期なのか、
それともストレスなどの精神的な原因なのか、
我儘に好き嫌いをしているのか、
ただ甘えたいだけなのか、全く分からない。

これでは、原因を取り除いてあげることもできない。

徹底的に甘やかして、食べさせるか、
厳しく、食べないならあげない覚悟で根比べするのか
それすら、定まらず、ある日は甘く、また別の日は厳しく…
私の行動は行ったり来たり。

ですが、厳しくしてもっと精神的に追い込むより、
甘やかして面倒な男になってしまう方が
まだましだと判断し、徹底的に甘やかしてみます。

CIMG4913_7 (800x600)
そのご飯はいらないです。

そういわずに、美味しいお肉も入っているし、
あ~んもしてあげるから、ちょっとでも食べようか。

CIMG4914_7 (800x600)
そういう気分じゃないから、それは花さんにあげるです。
(TωT)


**************
2016年の抱負: さらなる挑戦とやり抜く by花

ケロケロマンで病院に行ったときに
「8歳ですか、もういつ何が起きても
おかしくない年齢ですからね」と言われた一言で
心配性に拍車がかかっています。
どうか、単なる甘えでありますようにと願う花さんと、

食ストは、2歳ごろ以来の太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************


↓↓こちらにもお役立ち情報満載↓↓




楽天でのお買い物はコチラ↓↓

アフェリエイトで得られたポイント分を
すべて被災動物支援に使わせていただきます。
スポンサーサイト
コメント
心配ですね
太郎ちゃん、どうしちゃったのでしょう
心配です

コン太もストラバイトの時、ご飯(療法食)は食べてくれましたが、
水分を取ってくれず苦労しました
花さんの甘やかすか?厳しくするか?…で悩んでしまうの分かります

原因が見つかり、いつものご飯大好き!な太郎ちゃんに戻ってほしいです

管理者のみに表示
« 湯船を購入 | HOME | 離乳食 »