先生の好みが合わない

2016.07.13.Wed.00:05
太郎の主治医は、東京にいる。
東京の先生は、私とも太郎とも相性が良く信頼している。
でも、住んでいる近所でもいい先生が必要だ。

そこで、ケロケロマンになった時は、
お友達に紹介していただき初めての病院に行きました。

お初の先生は、とても丁寧な診察をし、
検査もしっかりしてから、結論を出すタイプで、
説明も理路整然としており私は気に入りました。


が・・・・・・・・・・


太郎は、久々のプチパニック&ストレス反応満載。
最初、吐き気の原因もアレルギーを疑われたほど、
全身真っ赤で、診察台に立っていられない。
触られるのも拒否。
あと一歩踏み込むと、気管が緊張する最悪の事態

せっかく、いい先生に巡り合えたのに、
これではストレス反応の方が強くでて
正確な診断の妨げになる…。

とりあえず、プチパニックでケロケロは
収まったようですけど(-_-;)

私がいいと思う先生と、太郎がいいと思う先生が違って
病院探しも大変です。

とーちゃんと話し合いの結果、ワクチン注射や
フィラリアの薬をもらいに行くなど病気ではない時に、
何回か病院に行き、3回行って馴れなければ
新しい病院を探すことになりました。
CIMG5162_7 (800x599)
チッコは洩らさなかったです。


**************
2016年の抱負: さらなる挑戦とやり抜く by花

男の先生ではあったのですが…
何が苦手だったのかさっぱりわからない花さんと、

病院の診察台にのぼってすぐに全身真っ赤。
そして、自転車で帰っている間にす――っと引く。
弱い、心が弱すぎる太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************


↓↓こちらにもお役立ち情報満載↓↓




楽天でのお買い物はコチラ↓↓

アフェリエイトで得られたポイント分を
すべて被災動物支援に使わせていただきます。
スポンサーサイト
コメント
No title
太郎くん、頑張ったね。えらいよ。
花さんも、お疲れ様です。

ケロケロさん、ご退散いただき何よりです。梅雨や季節の変わり目、人間もワンコさんもこたえますな。

どうぞお大事になさってくださいね。

管理者のみに表示