犬選びのお手伝い

2016.03.24.Thu.00:05
いろいろな所で何度が取り上げた話題。
重要なことだと思うので、またまた文章にします。

「初めて、イヌを迎えるときに、
どんな犬種を選ぶのがいいのか。」


持論を一言でいうなら
「自分の生活条件に合ったイヌを選ぶ」

飼いやすいと思うか、手がかかると思うかは、
その人がどんな生活をしていて、イヌのために
何をしてあげられて、何をしてあげられないかによる。

シャンプーやブラッシングなどのお手入れが苦にならない人、
1日10キロのお散歩が苦にならない人、人それぞれなのだ。
庭付きの広い家に住んでいる人もいれば、
ペット可のワンルームを借りている人もいるだろう。

だから、簡単に「○○犬は飼いやすいのでお勧め」
なんて無責任なことは言ってはいけない。

今、知り合いが初めてワンコを迎えようとしている。
共働きで、動物の飼育経験ゼロ、小学生の息子がいる。
いろいろ相談にのりながら、生活に適した犬種を探している。

こういう時、私は「欠点」「躾の難しい面」「必要なお世話」
「起こりうる可能性がある最悪な状況」を強調し説明する。
聞いている人は、イヌを飼うのは面倒だからやめようと
思うかもしれない。

どの犬種を迎えても、ほとんどの場合、うまくやっていける。
大きな問題も起きず、信頼関係を築ける。
イヌは、人間との共生ができるように進化した奇跡の動物だから。

ただ、ごく稀に「こんなはずじゃなかった」という事態になる。
イヌを飼う上で、イヌも人間も不幸な最悪の結末。

だから、こんなことが起こる可能性があるという事を
最初から伝え、それを意識して、そうならないための躾、
命を預かる飼い主さんの意識向上のための説明なのだ。

私は、イヌを飼う人がたくさん増えることではなく、
イヌを飼ってよかったと思える人がたくさん増え、
イヌを愛する人がたくさん増えることを望んでいる。
だからこその、私ならではお勧め方法なのだ。

あっ、また熱く語り過ぎて太郎の出番がなかった。
こちら、私に適した犬種の太郎。
CIMG0928_7 (800x600)
ボクは今日はお休みいただいたです。


**************
2016年の抱負: さらなる挑戦とやり抜く by花

引っ越し業況
荷物の整理はあともうひと踏ん張りですかね。
それよりは、新居に来てから、
何がどう気に入らないのかわからないのですが、
家でトイレをしようとしない太郎。
ちょっと、苦労しています。

おやじ×シーズーのミックス犬太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************


↓↓こちらにもお役立ち情報満載↓↓

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示