もう一つの世界

2016.03.10.Thu.00:05
私のいる世界は、イヌバカ、親ばかであふれている。

リアルな世界、SNSの世界、ブログの世界、
どこを見渡してもイヌへの愛が溢れている。

自分のイヌが大好きで、他人のイヌも大好きで、
花さんから見て、イヌのためにそこまでするかな…と
思うぐらいの人がたくさんいる。
CIMG0792_7 (800x600)

その一方で、年間10万匹のイヌやネコが殺処分されている。
環境省発表 統計資料
しかも、保健所へ連れてこられるイヌやネコの
約15%が飼い主による持込み。
つまり、飼育を放棄されているのだ。
CIMG0794_7 (800x600)

どこにいる、どんな人が、こんなことをするのだろう。
人間と同じように、血が通い、呼吸をして、
懸命に生きている動物の命を何だと思っているのだろう。

心にどんな欠陥を抱えている人なのだろう。

私の知らない世界、これも現実。
CIMG0793_7 (800x600)


**************
2016年の抱負: さらなる挑戦とやり抜く by花

殺処分ゼロは、社会システムを変える必要がある、
飼育放棄ゼロ、これは人間の意識を変えるだけで達成できる。
だからこそ、飼育放棄だけは許せない花さんと、

この日のお散歩では、
なぜかポールに寄り添っていた太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************


↓↓こちらにもお役立ち情報満載↓↓

スポンサーサイト
コメント
同感です
私もSNS等で虐待やヒドイ仕打ちをされているコ達を見ると本当に心が痛み、どうしようもない人間でごめんなさい…と思っています。
動物は本当に一生懸命で本心で生きているキレイな心のコ達ばっかりなのに…
人間ときたら…
No title
花さん2年ほど前に一度コメントさせていただきました。
飼育放棄!!一番許せないかも
動物にも命があるそしてその子を連れてきたのは誰??
どんな子でも最後まで愛情もって育てなければ、それが飼い主の責任です。
我が家の空太くんもちゃんと最後まで愛情注ぎます。
注ぎすぎてわがままだけ[絵文
字:v-286]
我が家の母に太郎ちゃんの写真見せたら我が家の坊ちゃん空太と間違えてた!!
それくらい似てるのよ

管理者のみに表示