本当に、バカなの?

2016.03.04.Fri.00:05
太郎のバカさ加減に驚き、Twitterでは、
すでに落ちまでお話してしまった出来事ですが、
もう一度お付き合いください。
***


太郎がコタツの中にいるときに、
私は何も言わずに、隣の部屋に行き、
加湿器の水を汲んで戻ってきた。

部屋に戻った時の扉の閉まる音で、
ストーカー太郎は私が出て行ったと勘違いし、
急いでコタツから出てきた。
でも、その時には、私はちょうどコタツを挟んで
太郎の反対側で加湿器をセットしていた。

一瞬、太郎に声をかけようかと思ったが、
息をころして見守ったところ…。

いつまで経っても私の存在に気が付かず、
ひたすら私の戻りを待ち、扉を凝視する太郎。
CIMG0382_7 (800x600)
デジカメで盗撮しても気が付かない。

10分近くこの状態のまま。
律儀に私を待つ姿を可愛いと喜ぶべきか、
同じ部屋に居ながら、私の存在に気が付かない
バカさ加減を嘆くべきか、おおいに悩む。

20160121_234819 (800x600)
この状況を是非Twitterのお友達にもわかってほしいと、
スマホでも撮影したところ、

20160121_234824 (800x600)
あっ!!
さすがに、音で気が付かれました。

CIMG0385_7 (800x600)
どこに行ってたです?
どこにも行ってないよ。ずっと、同じ部屋にいたよ。

よっぽど不安だったのか、その後はずっと膝の上。
CIMG0388_7 (800x600)

そして、寝る
20160121_235631 (800x450)


**************
2016年の抱負: さらなる挑戦とやり抜く by花

私が息を潜めている限り、出かけていない飼い主の
帰りを待ち続けていただろう忠犬アホ太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************


↓↓こちらにもお役立ち情報満載↓↓



この漫画は、「わんこあるある」が満載
次の展開が想像がついても、やっぱり~♪と笑ってしまう。
お散歩大好きなところだけは、太郎に当てはまらなかったが…。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示