散歩中に怪我をする‐後編‐

2015.08.08.Sat.00:05
8月2日、散歩中に怪我をした時のお話の続きです。
時間外診療費とか、救急診療費とかなんでも払うからと
休診の病院に頼み込んで診ていただくことになった太郎。

太郎も若干パニックなので、もしかしたら噛むかもと
先生には伝えたのだが、診察台にあがったとたん、
痛みより恐怖が勝り、微動だにせず患部を見せる。

今までになかった傷があり少し血が出た跡があったが、
先生の見立ては、毛虫を踏んだのではないかということ。
傷は、イボがつぶれたのではないかといわれました。

ちょっと傷口が気にはなったが、骨や関節を
痛めたわけではないようなので、ちょっと安心。

抗ヒスタミン剤を注射して、飲み薬をもらう。
念のため、アレルギー反応が出た時のために
ステロイド1錠を処方される。

毛虫が原因と聞いて、実は拍子抜けだった。
花家の代々のワンコは、みんな毛虫を踏んだ経験があるが、
太郎みたいに、パニックになるほど痛がった子はいなかった。
花家では毛虫を踏んだらムヒで治す(→詳細
毛虫ぐらいで休診日の病院で見てもらうなんて大げさだったと
ちょっと反省しながら家に。

ただ、家に帰っても左足は付けることができない。
CIMG4190_6 (800x600)
常にケンケンで歩いている。

夜になっても痛そう。
太郎は、痛みを我慢するタイプだと思っていたが、
実はすごく大げさな子だったのかな…と。

なんとか足を触らせてくれるようになったので、
血がついていた傷の所の消毒をしてあげようと思いよく観察。
CIMG4193_6 (800x600)

なんとなく、一年前に怪我をした時の状況に似ている。
(→詳細1詳細2
そこで、傷の中までしっかり消毒したら…

出てきた!!!

CIMG4196_6 (800x600)
去年のより細いけど、長い植物の欠片

太郎専門家の花さんの見立てでは、足の痛みの原因はこれ。
去年は、刺さったことに気が付かず患部が膿んでしまったが、
今回の刺さり具合は、激痛だったのではないだろうか。

まぁ、毛虫ではないとも言い切れないし、
痛みの原因は毛虫だったとしてもこれが刺さったままでは
いずれまた膿んでしまうので、見つけられて本当に良かった。

患部が膿んだら、目の下が膿んだ時にもらった
抗生物質が余っていたのでそれを飲ませようかと思ったが、
次の日には、綺麗に治癒の方向。
後ろ足で踏ん張りながら、クッションを振り回すほどに回復。
CIMG4208_6 (800x599)
急に足が軽やかになったです。


**************
2015年の抱負: 挑戦と節約 by花

記事の最後にツイートボタン・いいね!ボタンを設置しました。
TwitterやFacebookのアカウントを持っている人は、
気に入った記事があったら、ぽちっとお願いします。

結果的にはたいしたことない怪我ですが、
なんだかとっても疲れてしまった花さんと、

太郎は、常にアレルギーによるショック症状や
呼吸困難に陥る可能性を無視できません。
もしもの時のためにともらったステロイドが
かなり備蓄されている太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************
スポンサーサイト
コメント
何を踏んだかはさておき、
刺さってるのすら見抜けず上から薬塗るだけなんて
とんだヤブだと思いますよ。
病院替えられたらどうですか?
No title
殿 ひとまず 御無事でなによりです
No title
keiさん
そうですね。
今回、診察の時間も少なく、
先生はこれまでの経験から毛虫が原因と
思い込んでしまったようですね。
だから、新しい傷を無視してしまった。
思い込みによるミスではありますね。

でも、棘は体内に入るとなかなか
見つけられないのも事実なので、
一概にヤブだから見つけられなかったとも
思っていないのですよ。

こういうことに気が付けるのは、
飼い主だけだと思っています。
まずは、休診日に診察をしてくれたことに感謝です。
それにより、私が冷静になり、
棘を見つけられたのだと思っています。

とんぼさん
本当に、無事でよかったです。
骨が折れたか腱が切れたのかと思いました。

管理者のみに表示