アレルギー犬は薬にも注意

2015.07.22.Wed.00:05
昔、病院の先生に、アレルギーを持っている犬は、
薬にも反応することがあるので注意が必要だと教わりました。
ですから、薬などは、アレルギーが出なかったものも
覚えておくことが、重要なのです。(→過去の記事

実際に、太郎はリンデロンという抗生軟膏を塗って、
肌が赤くなり傷口が悪化する経験をしているので、
花さんは、先生の教えを忠実に守っています。
CIMG3534_6 (800x600)

今回、抗生剤を処方してもらうときも、
過去に飲んで大丈夫だった薬を処方してもらう
ことになったのですが、待合室で会計を待っていると、
急に、先生が私の所にやってきた。

なんと、処方してもらう予定の薬に、
飲みやすいようフレーバーが付いたというのだ。
今回の薬は、牛エキスだったので、太郎は飲めそうだが、
最初は注意して様子を見るようにと言われました。
鶏なら、完全にアウトだった。
CIMG3535_6 (800x600)

そもそも、薬に成分によるアレルギーに、
神経質になっているところに、フレーバーまで
気にしなくてはいけないとは…

薬を飲ませることに、全く苦労しない花さんとしては、
飲みやすさなんて追求しなくてもいいから、
余計なものを入れるな~!!!
”という感じです。
CIMG3536_6 (800x600)

アレルギーを持っているワンコの飼い主さん、
薬のフレーバーにも注意ですよ!!!
病院の先生は、毎日たくさんのワンコを相手にしています。
その仔のアレルギーのことを忘れてしまうこともあるかも知れません。
だから、毎回診察の時にはアレルギーのことは伝えましょうね。


**************
2015年の抱負: 挑戦と節約 by花

記事の最後にツイートボタン・いいね!ボタンを設置しました。
TwitterやFacebookのアカウントを持っている人は、
気に入った記事があったら、ぽちっとお願いします。

写真は、病院帰りによった居酒屋での風景。
病院を頑張ったご褒美がキュウリだった太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示