左眼、下瞼が膿む

2015.07.21.Tue.00:05
7月三連休、初日(7月18日)
CIMG3499_6 (800x600)
花さんに、おはようのチュウをしにいったら、
この仕打ちです。どういうことです!?


CIMG3502_6 (800x600)
だって、見つけてしまったのだもの。。。
左眼の下に、オデキ。
きっと、怪我でもして、そこからばい菌が
はいって、化膿したのではないかと推測。

大したことではないが、目に近いので、
普通の消毒液や軟膏を使うわけにもいかず、
膿が外側に出ればいいが、万が一、
内側に破裂するとやっかいなので、病院に。
CIMG3514_6 (800x600)
今日は、朝寝坊だったのに、お出かけだったですね♪
そうだね

CIMG3518_6 (800x600)
なんだ、病院です…
そうだね・・・

しかも、待合室で一緒になったプードル二匹が
とっても良く鳴く仔で、息があがる寸前の坊ちゃん。

診断結果は、花さんの見立て通り。
眼に支障もないということなので、膿が破裂しないように、
点眼薬(ムコゾーム)、塗り薬(タリビット眼軟膏)を1日2回
抗生剤(バイトリル)、胃薬(ガスター)が1日1回。
CIMG3588_6 (800x600)
1週間様子を見ることになりました。

とりあえず、1日目は腫れが引いたように見えるときと、
より、腫れたように見えるときがあり、一進一退。


**************
2015年の抱負: 挑戦と節約 by花

記事の最後にツイートボタン・いいね!ボタンを設置しました。
TwitterやFacebookのアカウントを持っている人は、
気に入った記事があったら、ぽちっとお願いします。

前日に、この3連休何も予定がないし、どうする?
なんて、太郎に相談したのが悪かったのでしょうか、
体をはって、“病院に行く”予定を作ってくれた太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************



今回、続編を読みました。
前作では、救いのないような気分で読み終わったのに対し、
今作は、希望のある終わりになっています。
それでも、心のどこかに侘しさのようなものを残します。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示