FC2ブログ

老犬介護施設

2015.03.03.Tue.00:05
老犬介護施設があることをご存知ですか
高齢で介護が必要になったワンちゃんを
預かってお世話をしてくれる施設です。

ワンちゃんが高齢化する中で、徘徊、夜泣き、痴呆がひどいなど、
飼い主さんだけでは世話がしきれない場合、
近所からの苦情に悩まされ飼い主さんの精神的な負担が
大きい場合を想定して作られた施設です。
特に大型犬の介護は大変なようですからね。

CIMG7571_5 (800x601)

終身タイプが多く、飼い主さんは面会時間に愛犬に会い、
最期が近くなると連絡がくるスタイルが多いようです。

ただ、なんのトラブルもないが、高齢だからと預ける人、
介護は必要ないのにもう飼いたくなくなったからと預ける人、
次の犬を飼うからと預ける人もいるのが事実です。

CIMG7575_5 (800x600)

お世話もしてもらえるし、命をまっとうできるので、
保健所に連れて行くよりはマシだろうと考える人もいるのです。

また、必要に駆られて預けたのかもしれないが、
お金を払ったきり、面会に来ない、最期が近づき
連絡をしても会いに来ない飼い主も多いそうです。

CIMG7587_5 (800x598)

ワンコの気持ちを考えるとやっぱりちょっとかわいそう。
ある程度は必要な施設だというのは理解しているのですが、
こういう商売がなりたつほど、住み慣れた家で、飼い主さんに
見守られて最期を迎えられない犬がいるということです。
また、このような施設がたくさんできると、
飼育放棄を助長するのではないかと、心配になります。

CIMG7594_5 (800x600)
高齢になると一匹でお留守番させるのは心配なので、
仕事の間だけ預かってくれる施設の方がいいな。


**************
2015年の抱負: 挑戦と節約 by花

太郎は寂しがり屋だから、最期は絶対に一緒にいてあげたい。
仕事に行っている間に一人で逝かせることにならないよう、
出来れば腕に抱いて見送りたいと心から願っている花さんと、

一杯世話をかけてもいいから、一日でも長く
花さんの家族でいることを望まれている太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************


花さん流太郎の育て方を、一般の方に向けて紹介しています。
お時間のある時にでも覗いてください。
夜間の安全な散歩のために、
LEDライトで夜道でも犬の存在をアピール
スポンサーサイト
コメント
No title
こんにちは。

考えさせられました。

同じ時代、この世に生まれ、出会い我が家にきてくれた縁を感謝しながら

「ゆっくり年取るんだよ」

「今日も一日いてくれて心強かったよ」

「楽しい一日をありがとう。」

「大好きだよ。」

毎日伝えています。(夜寝る前なので少々うっとおしいかもしれません 汗)

お世話しているつもりが、多くのギフトをもらっているのは私のほうです。

よく、まるこ(愛犬)の頭をなでながら思うんです。

この世に生を受けた命が、大切だと誰かに愛され慈しまれることを体験して寿命をまっとうできますようにと。


はなさんと太郎君に、ありがとう。
No title
まるこママさん
私も、毎日、毎日、朝起きた時も夜寝るときも、
“いつもありがとう。大好きだよ”と話しかけています。

幸せなワンコが、これからも増え続けますように。

管理者のみに表示