動物を飼う基本

2015.02.20.Fri.00:05
時間がかかりましたが、犬の本を読み終わりましたので、
少しご紹介させてください。


犬の認知能力を科学的に探究し、犬が備えている
すばらしい知性について書いてある本です。
こういう本を読めば読むほど、
私が、犬がいない生活はおくれない理由がわかります。

本のなかの文章を引用して、犬を飼っている人、
これから飼う人へのメッセージです。

犬は天才だ。
シェークスピアやアインシュタインのように
一般的な意味での「天才」ではない。
人間のコミュニケーションを理解する能力や、
人間と協力しあう意欲持っている点で天才なのだ。
この能力はほかの動物にはなく、
それにゆえに犬は人間と特別な関係を築いてきた。

CIMG7130_5 (800x600)

人の手で優しく撫でられただけで犬の脳内に化学物質が放出され、
それによって犬は落ち着いたり愛情深くなったりする。
それほど人間に対する高い親和性を備えている。
犬は犬どうしでいるよりも、人間と一緒にいることを好む。
生涯変わらない忠誠を差し出して、食べ物と家族の温かみと
居心地のいい家を私たちから得る。
この契約の片方の当事者として、
私たちは犬との約束を守らなければならない。
犬にはそれだけの資格がある‐なにしろ彼らは天才なのだ!

CIMG7124_5 (800x600)

人間は犬がくれる無限の愛にこたえなくてはいけない。
一生面倒を見る。動物を飼う基本です。

「犬は地球上で唯一、自分よりもあなたのことを愛してくれる存在だ」
Byジョン・ビリングズ


**************
2015年の抱負: 挑戦と節約 by花

天才じゃないけど、愛らしい太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************
スポンサーサイト
コメント
No title
花さんを愛することには、天才の能力がある太郎くんですよ(*^_^*)

No title
yumechan-mamaさん
私も太郎もお互いに依存しすぎて、
狭い世界で生きていますw

管理者のみに表示
« Fussion | HOME | 鼻が効く »