ご飯茶碗の思い出

2014.11.21.Fri.00:05
昔、飼っていたシーズーも妙なこだわり派だった

その一つに、ご飯を食べるお茶碗が決まっていたこと。
多頭飼いだったため、間違ってお兄ちゃんのお皿から
食べようものなら、鉄拳が飛んでくるからか、
食い意地は犬一倍あるのに、お皿が変わると、
全く食べられなくなるワンコだった。
CIMG3460_5 (800x600)

お皿が割れてなくなったら、ご飯が食べられなくなるのだから、
5皿セットのお皿を割らないように大事に使っていた。
CIMG3501_5 (800x600)

それでも、長いこと生活をしていると、一枚減り、二枚減り…
CIMG3483_5 (800x600)

でも、最後の一枚が割れる前に、お空に行ってしまったね。
いま、そのお皿はモモちゃんが使っているよ。
CIMG3497_5 (800x600)

花さんが気に入って買った太郎のご茶碗
太郎が我が家に来た時から使っている。
CIMG3499_5 (800x600)

太郎は、お茶碗が変わっても食べられるけど、
出来れば、最後まで割れないでいてほしいと、
大事に、大事に使っている。
CIMG3470_5 (800x600)

そんなことを思いながらの秋の散歩
CIMG3491_5 (800x600)


**************
2014年の抱負: 新しい自分を見つける by花

部屋で履くモコモコの靴下を失くしてしまい、
100均で新しく買いましたが、全然暖かくなくて
ショックな花さんと、

100均の靴下でも楽しそうに噛んでいる太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************



太郎は、鶏は食べられないけれど。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« 食事介助 | HOME | 梨狩り »