花さんは、専門家

2014.10.02.Thu.00:05
今回、新しくお世話になったのは家から歩いて行ける動物病院。
院長先生が男性で、副院長先生は女性で、
幸い、頼まなくても太郎は女医さんになりました。
CIMG2974_5 (800x600)

大きな処置をしたわけではないので、
良し悪しを判断するのは早急だと思いますが、
私の話をよく聞いてくださり、私の感も無視しない先生です。
アレルギーに関してもよく理解してくださり、
処方する薬も気を使ってくださいました。

太郎のような、食物アレルギーの場合、
一部の薬にも反応することがあるそうです。
CIMG2975_5 (800x601)

ですから、アレルギーが出たものだけではなく、
アレルギーが出なかったものを知っておくことも、
救急の治療の時などにも役に立つと教わりました。

ま、花さんは太郎が処方された薬剤名と主成分は
だいだい記憶しているので、問題はなく、
これまで使用した抗生剤と塗り薬など説明をしたところ、
“そういった関係の専門家ですか?”と聞かれた。

いえ、いえ、花さんは“薬の専門家”ではなく、
“太郎の専門家”です。
CIMG2976_5 (800x600)

ちなみに、写真は乳製品にアレルギーがあるのに、
花さんととーちゃんの食べているソフトクリームを
狙っている太郎です。


**************
2014年の抱負: 新しい自分を見つける by花

最近、新しいことを始めるのに、面倒だと感じる気持ちが
強くなり、やり始めるのに時間がかかるようになった。
これって年なんでしょうか…
なんだか、ちょっとやる気のない症候群の花さんと

足の傷はほぼ治り、今日からお散歩をできそうでしたが、
寒かったのと、花さんが疲れていたので、
明日からお散歩再開の太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示