FC2ブログ

シーズーは飼いやすいか?

2012.10.28.Sun.00:05
私が大好きな「羊の国のラブラドール絵日記シニア!!」で、
このテーマを扱っていたので、
私はシーズーについて長々と語ってみようと思う。

結論から言うと、シーズーは私にとって飼いやすい。
私は、これまで3匹のシーズーと暮らし、ワンコ=シーズー
正直、他の犬種はもっと飼いやすいものなのか知らない。
CIMG2525_3.jpg

シーズーは、静かでおとなしい子が多い。
基本は自分の世界が大事なタイプで、飼い主にべったり。
他のワンコとの絡みは、少ない…。
遊ぶことは好きだが、運動量は少なく、年配の方にも飼いやすい

賢い犬だとは思わないが、人の心を読み、
調和を取ることにとても優れている。
人気犬種トップ10の常連であることも頷ける。
CIMG2528_3.jpg

だからといって、水と餌だけで元気に育つかと
いわれればそんなことはない。

まず、気を使わなければいけないのは、熱中症、肥満、皮膚病
短吻種なので、暑さ対策は必須。夏は、終日クーラー稼動。
夏場は、電気料金の明細は見ないほうがいい。
CIMG2532_3.jpg

“卑シーズー”との別名をもつシーズー。
とにかく、食べることが大好きで、食への執念はすごい。
人間も同じだが、動くことが嫌いな子ほど、
食べることが好きな傾向があり、肥満にもなりやすい。
もともと、心臓病を発症しやすいので体重管理は必須

そして、最後に皮膚病。
シーズーの代名詞にもなっている病気だ。
程度の違いはあるけれど、純血種の80%ぐらいは、
アレルギー体質と思っていいだろう。
最低でも毎日のブラッシング、2週に一度はシャンプー。
自分でカットできなければ、1,2ヶ月に一度はトリミング。
耳の手入れ、お薬、アレルギー対応フード…
シーズーの飼い主さんは、一度は、フードジプシー、
シャンプージプシーになっているだろう。
皮膚病とは、常に戦うことになると思ったほうがいい。

太郎もモモもアレルギーはある。
でも、みるも無残な姿かといわれると、そうでもない。
お手入れさえすれば、たいていの子は大丈夫なのだ。
CIMG2536_3.jpg

いつもお世話になっている動物病院で、小型犬ではシーズーが
一番お手入れが大変だろうといわれたことがある。
それは、毛が長くなる上に、皮膚病があるからだと思う。
カイカイの時はかわいそうだと思うが、
お手入れ自体は、私は全く苦にならない。
スキンシップの一環だと思えばいい。
病期の早期発見にもつながると思えば一石二鳥。
毎日、10キロ散歩をしなければいけない
犬種の方がよっぽど大変だ。
CIMG2533_3.jpg

結局、どんな犬にもいい部分と苦労する部分がある。
ワンコ選びは、飼いやすいかどうかより、
生活する人間のライフスタイルに合っているかを
考えたほうがいいだろう。
そして、いかに、その子を愛し、家族になれるかなのだろう。
CIMG2534_3.jpg



***被災地ペット関連リンク***
Yahoo! 復興支援東日本大震災

東北地震犬猫レスキュー

被災した動物・ペットたちの情報(live cat.)

**************
がんばろう日本、がんばろう東北。

いろいろと、頑固で面倒なところはあるけれど、
とっても飼いやすい太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

**************
スポンサーサイト
コメント
あれ?
トラッチはシーズーじゃないかも?
トラッチは3代目シーズー
確かに上ふたりは大人しくお散歩も少なかった
でもトラッチは吠えまくり
お友達と敵が一杯
絡みまくるからね
食欲は普通  最初の子は殆ど食べなかった  2番目の子は卑シーズーなのに運動が好きではなかった(肥満)
2番目とトラッチはアレルギー無し
シャンプー、カットも殆どプロ任せ
ブラシは酷い時だけと言う怠け者飼い主
トラッチはお散歩命
どんなに長い散歩でも抱っこの要求なし
走る、歩く、走る
その代わり遊んでくれの要求は凄い
3ワンとも歯が丈夫
最初に子は先天性眼疾患で3回手術
2番目は先天性心臓病に肥満が拍車をかけた
トラッチ現在早くも白内障が進行
3ワンシーズーでも、その子その子でとっても違う
独身の頃はヨーキーを飼っていた
その子も独特でした
トラッチママさん
犬種の違いより、個性の違いのほうが大きいのかしらね…。

確かにトラッチ君は運動大好きで
たくさんお散歩が必要ですね。
私の書いたシーズーのイメージには当てはまりません(笑)
遠泳や、100キロウォークをはじめ、
運動大好きなママに育てられているからかもね。

管理者のみに表示