ワンコの輸血(2)

2012.10.25.Thu.22:37
前回の記事にたくさんのコメント、
ありがとうございました。

私は、小型犬しか飼ったことがないので、
今まで、血液をもらうことばかりを考えていました。
太郎が輸血を必要としたら、それこそ
死に物狂いで血液を手に入れようとしたでしょう。
そして、単純に血液バンクや献血のシステムが
出来ればいいと、何故作らないのかと。。
憤りを感じていたことでしょう。

太郎が、健康な今なら、血液を必要とする側と、
血液を提供する側どちらのことも考えられるような気がします。

一緒に考えましょうと言いましたが、
考えるには知識が足りなすぎることもわかりました。
まずは、大型犬の献血の負担、量や頻度などについて
知ることからはじめなくてはいけません。
知識もないのに、何が悪くて、どうすればいいかなど
考えられるはずもありません。

もし、少しでも知識のある方がいましたら
情報を提供してください。

この問題については、少しずつでも継続的に
語っていければいいと思っています。
皆様も、是非お付き合い下さい。



にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
スポンサーサイト
コメント
No title
愛犬のシーズーが大手術を受けたとき、
輸血を必要としました。

そのときにいわれたことが、
体重が10kg以上、犬種は問わない、一応凝固テストはするものの、犬に血液型は関係ないといわれました。

太郎くんは10kg届かないので、
少しずつ血液バンクに入れるとかするとよいのかもしれませんね。

うちのイギぴょんは何とか10kgごえのシーズーに輸血してもらいました。

血液型を問わないのであれば、
動物病院はわんこの血液を買い取り、
いつでも輸血できるようにしておけばいいのに、と思いました。

人間は輸血血液の売血制はとってませんが、
わんこは許可されそうな気がします。

ただし、動物虐待に発展する可能性があるので、
献血制にしたほうがいいかもしれませんが・・・。

人のデータでも、
売血制よりも献血制のほうが良質で十分な量の血液が確保できた、
というお話を聞いたことがあります。

参考までに。
No title
個人的には、
肥満のわんちゃんが増えてきているので、
闘病中のわんちゃんが輸血を受けるための基金を立ち上げ、
肥満で、血液をもらっても何の支障もないわんちゃんが動物病院を受診したときに、
血を分けてくれれば基金から一部治療費を負担する、
という仕組みにすれば、
案外あっさり血液は集まるのではないか?
と思っています。
どうでしょうか?

管理者のみに表示