再検査

2018.05.18.Fri.00:05
5月5日はアニマルドッグで引っかかった尿の再検査
→「アニマルドッグ2018

の前に、

整形の専門病院に行っていつもの多発性関節炎の検査。
GW中も元気いっぱいだったので心配してませんでしたが、
炎症反応もゼロ、白血球も正常、お薬の量も変化なし。
次は9月ぐらいまで様子を見ます。

20180505_120654-800x600.jpg
満点でっす。

そして、心配していた尿の再検査ですが…
前回+4だったタンパク量が、+2に減少
より詳しい検査で、タンパク量を測り、
尿たんぱくとクレアチニンの比率を
見てもらったが0.29と正常の範囲内。
血液検査の結果も悪いところがなく血中タンパクの
減少も見られなかったので、腎臓の病気ではなく、
一時的なものだという結論に至りました。
治療もなしです。

その他、アニマルドッグの結果が全部出ましたが、
どこにも問題はなく、強いて言えば歯石が付いているぐらい。
心配していたステロイド薬の影響も現時点ではありませんでした。

頑張ったご褒美に人間も太郎もローストビーフでお祝い。
病院デート-800x600

20180505_153524-800x600.jpg

CIMG2418_9-800x600.jpg

CIMG2420_9-800x600.jpg

花さんは、ピーマンもパプリカも大嫌いで
食べられませんが、太郎は大好きです。


**************
2018年の抱負: 何事も楽しむ by花

ちなみに、尿中タンパク量が+4だった時に、
「蛋白漏出性腎症」を疑われた太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
**************


楽天でのお買い物はコチラ↓↓

アフェリエイトで得られたポイント分を
すべて被災動物支援に使わせていただきます。
(2018年度も継続中)
スポンサーサイト

お決まりの…じゃない‼

2018.04.26.Thu.00:05
アニマルドッグの時のお決まりの会話①
先生「今日は朝ごはんを食べてきてるから、
ご飯はあずからなくていいですよね」
花「あ、そうです。お水だけ…」
先生「きっと飲まないですけどね」
花「そうですよね…でも、一応…」

先生「やっぱり、お水は飲みませんでした」
花「ですよね(;^_^A」

はい、何年経っても預けられると
一切、飲み食いできない子です。
それは9年経っても変わりなし。
CIMG2052_9-800x600.jpg
超のど乾いてたです。
検査から帰ってきたらがぶがぶ飲んでいました。

それから…お決まりの会話②
先生「皮膚の調子はどうです?痒がっている?」
花「あ…いえ…」
先生「そっか、ステロイド飲んでるから悪いわけないのか」
花「はい、良好です。」

9年間繰り返されてきた会話は急には変えられず、
思わず、先生も苦笑いです。
CIMG1842_9-800x600.jpg
皮膚良好、毛もモッサモサで問題なしです。


**************
2018年の抱負: 何事も楽しむ by花

不幸中の幸いで、皮膚の調子が良くなったのは、
私にとっても太郎にとってもストレスフリーになりました。
折角戻った、皮膚バリアを壊さないよう、
清潔は保けど洗いすぎず、保湿をしっかりしている太郎に、
↓1日1クリックの応援お願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
**************


楽天でのお買い物はコチラ↓↓

アフェリエイトで得られたポイント分を
すべて被災動物支援に使わせていただきます。
(2018年度も継続中)
 | HOME | Next »